インプラントと一般歯科

インプラントは失った歯の機能や見た目を補う治療方法で、ブリッジや入れ歯などに比べて周囲の歯に負担をかけない利点があります。歯科医師の資格があれば誰でも治療を行うことができますが、一般歯科の治療知識と技術以外に専門性が要求されます。インプラントを扱うのに得に資格がいるわけでなくてもあごの骨に人工歯根を埋め込む外科手術が必要で、細心の注意が必要です。感染を起こさない外科処置や適切な本数や埋める位置を決める設計、インプラントの特性を理解した噛み合せの調整などのスキルが資格以上に必要です。あごの骨には血管組織や神経があり他の組織を傷つけた場合日常生活に支障が出る恐れがあるため、口腔外科や歯周病の知識が必要です。骨に埋め込む外科手術と人工の歯の費用、検査の費用などが別々に計算されます。歯科医院によってインプラントにかかる費用は幅がありますが、トータルで1本につき35万円前後になるケースが多いです。歯周病などで骨を作る手術が必要な場合は別途かかり、手術方法によって費用の幅が数万円から数百万円と大きく異なります。インプラントの治療後はメンテナンスが年間に何度かあり、その都度数千円から1万円ほどかかります。

↑PAGE TOP